【初産婦さん必見】子宮口を開かせる対処法とは?予定日通りのスムーズなお産にするには

とうとう臨月突入!
臨月に入ると週に1度の検診になり、内診が始まります。

ちかこ
私の産院は超音波検診が終わり、内診とNST検診になりました。何を確認しているの?
先生
妊娠後期の内診は、赤ちゃんが下がってきているかどうか、子宮口の柔らかさや子宮口が開いているかどうか、破水の確認など、出産に向けての状態を診察しています。NST検査は赤ちゃんが元気であるかどうかを知る唯一の検査法で、赤ちゃんがお産のストレスに耐えて無事に生まれることができるかどうかを調べます。

子宮口とは?

さて、ここからが今回の本題「子宮口の開き」です。

子宮口とは赤ちゃんが出産時に通るゲートのようなもので子宮の出口です。
臨月になり出産が近づくと、赤ちゃんがだんだん下に降りてきて子宮口が徐々に1~2cm開いていきます。
子宮口が3㎝になり、陣痛の間隔が短くなったら入院➡︎分娩になることが多いです。

子宮口が開かない!?

出産予定日に近づいても子宮口が開かない

ちかこ
私(初産婦)の場合、妊娠37週に入っても子宮口は柔らかいけど0㎝と開いていない状態でした。
出産予定日が近づいてきても、子宮口が開いていない・硬いといった場合は、出産が予定日より過ぎたり、最悪赤ちゃんがお腹で大きくなって難産になってしまったり。
そのため子宮口を柔らかく開きやすくするため刺激する処置、先輩ママさん達の通称「内診グリグリ」を行う産院もあります。個人差がありますが結構痛いみたい・・・。

先生
子宮口の開き具合は個人差があります。
特に初産婦さんは出産予定日に近づいても子宮口がなかなか開かず、予定日を過ぎる事の方が多いです。
焦らずリラックスして待つ事が赤ちゃんにとっても良いです。気になるようなら遠慮なく担当の先生に相談してください。

自宅で簡単!子宮口を開かせる方法

ちかこ
初産婦だし、予定日に近づいても子宮口が開かなくても焦らなくて大丈夫!
でも、少しでも予定日通りにスムーズなお産をしたい!赤ちゃんも通りやすい産道にしてあげたい!
そんな方にオススメな方法を紹介します。
※無理は禁物!医師と相談して、焦らずゆったりとした気持ちで行ってください。

臨月スクワット 正しい手順


安産運動として有名なスクワットですが、正しく行うと嬉しい効果が!
子宮口を開きやすくする
出産に耐える体力作り
骨盤を広げ安産効果
会陰切開の回避or少ない傷で済む
赤ちゃんがスムーズに産道を通ることができる

では臨月スクワットのやり方です。
※お腹が大きく支えるのが大変の場合は、背中を壁につけたり、椅子や机に片手を置き支えながら行ってください。

臨月 安産スクワット手順
①肩幅よりも少し広めに両足を広げて、つま先は外向き、左右並行になるように立ちます。

②3~5秒かけてゆっくり息を吐きながら、背筋を伸ばしたまま腰を落としていきます。

③腰やお腹が痛くないところまで腰を落としたら、そのまま数秒キープします。

④最後はゆっくりとり腰を上げていき、元の姿勢に戻します

スクワットの回数は朝晩各5回ずつ程度、無理のない範囲で行いましょう!

その他 子宮口を開かせるには?

スクワットのようにとにかく足を開く運動が効果的です。

四つん這いになりお尻をフリフリ

雑巾掛けの動作をするように、四つん這いになり、お尻を左右にフリフリすると効果的です。
フリフリしながら、片手をまっすぐ前に伸ばし、8秒フリフリして、手を戻し8秒フリフリ。
これを交互で行います。

先生
骨盤周りをほぐして正しい形に子宮を整えます。赤ちゃんが産道を通りやすくなります!

股関節のストレッチ

安産のマタニティヨガとしてよく見るポーズとしてあぐらのような姿勢で足裏をつけるポーズを見たことありませんか??

ちかこ
普段から妊婦さんはあぐらで過ごすと股関節が柔らかくなり安産に繋がります!腰痛対策にも!!
股関節のストレッチは、
あぐらの姿勢をし、お腹の前で足の裏を合わせます。このとき、かかとができるだけ身体に近付くように意識する。
なるべくひざと床をつけるようにします。

子宮口を開かなくても焦らないで

今回紹介した運動はほんの一部です。
「子宮口 安産」「臨月 ストレッチ」などネットで検索すると沢山の運動方法が出てきます。
参考にするのはいいですが、あれもこれもとやりすぎないよう注意してくださいね。
自分に合った方法の1つや2つ程度を無理なく続けてみてください。

大事なのはゆったりとした気持ちで赤ちゃんを迎えることです。

赤ちゃんに会えるの楽しみですね♡

ABOUTこの記事をかいた人

20代後半 現在妊娠10ヶ月!臨月に入りました。 「いつまでもキレイなママでいたい!」 妊娠中・育児中で忙しくてもキレイになれる美容情報を発信。 さらにゆるっとお得生活をしている豊かな毎日をお届けします。